【前編】休学して効率よく苦手な英語をマスターした話

英語は勉強方法で7割決まる。

僕は大学4年生の時に休学して、
フィリピンのBaguioという街で、
3ヶ月間、語学留学をしていました。

「必死にかき集めたお金」と「貴重な20代の時間」を使って、英語を勉強しなおしたわけなんですが。。。

実は語学学校に通うまで、
ずっと英語が大嫌いでした。

というか、

英語の偏差値だけ上がらなかったので、嫌いな科目になってしまったというのが正確ですね。

努力と成果が比例しないというのが、
僕のモチベを0にさせてたんです。

僕が高校生の時は、受験のために

・単語帳が真っ二つになり、手垢で汚くなるまで必死で勉強したり、

・文法書が蛍光ペンと付箋でムダにカラフルになるまで使ったり、

・満員電車の中で、周りの人に迷惑をかけながら、英文黙読を毎日2時間していましたが、

英語力は1mmも伸びませんでした。

重要なポイントは、
『勉強したのに伸びなかった。』
という部分ですね。

センター試験は8割ほどは取っていましたが、勉強量に全く比例していないという経験。

といいますか・・・

これってみなさんにも当てはまりませんか?

中学三年間と高校三年間。
3+3=6。トータル6年間。

6年間も英語を勉強して、簡単な会話もできないって、正直おかしいですよね?

で、結論から言ってしまうと、

僕の英語のスキルが伸びない原因は、
勉強法を間違っていたからだった。

僕自身、英語力向上のために、

受験期にポレポレ英文解釈やら、
ドラゴンイングリッシュやら、
やっておきたい長文シリーズやら、
速読英単語やら、シス単やら、

色々と手を出してやってみたり、

15ヶ国語をマスターしている言語学者の教授に英語の勉強方法を教えてもらったり、

ネイティヴスピーカーからスパルタトレーニングを受けてきました。

思い返すだけで結構色んなことを試してたんだなと思う反面、

『どんだけ凡人なんだよ!』

と自分にツッコミをいれざるをえない感じなんですが、

まぁそうやって、苦しい経験をもとに、最適な英語学習法を確立してきた背景があります。

この記事は、

・これから留学に行く人
・これからTOEICを勉強する人
・英語が全然伸びない人

にとってタメになる記事になると思いますで、是非ご一読ください。

では、本編に入っていきます!

英語は役にたつのか?

まずは勉強を始める前に、英語の必要性について考えてください!

もし、死ぬまで英語を使わないのに、語学に打ち込もうとしてたら、シンプルに無駄ですし、

結局、英語のテキストが部屋の隅でホコリを被る羽目になります。

で、もう知っていると人も多いと思いますが、

『英語の言語価値が暴落中』

近年、翻訳の精度がグングン伸びてきていますよね。

Skype翻訳ではAI(機械学習)を採用しているので、翻訳が完璧になる時代が近い未来くるかもしれません。

ちょっと、↓の動画みてください!

(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/07/news112.html)

ストーリーは、置いといて
『リアルタイムで会話を翻訳する』
って感じの内容です。

リアルタイム翻訳の機能がついたのが、2017年4月のことなので、今はもっと進化してることでしょう。

と、こんな感じでテクノロジーが進化し続ければ、ぶっちゃけ英語を学ぶ価値は下がっちゃいます。

まぁ少なくとも、

日本から出る予定はないし、
仕事でも使う機会もないけど、
海外旅行で少し話したい。

というレベルなら英語を学ぶ必要はほとんどなくなるんじゃないかと。。。

となると、

『じゃあ、英語の価値が下がってきている現代で、そもそも英語は役に立つの?』

って考える人もいるんじゃないでしょうか?

しかし、アナタの目的によっては、
英語はまだ強い武器に絶対なります。

ここで一度、英語学習を「自己投資という観点」で考えてみましょう。

英語学習のリターン

リターン①
英語を話せるのは最低限のマナー

大前提をくつがえしますが、

英語を話せることは、
決して特別なことではなく、

世界に出たら当たり前のように
求められるスキルです。

だから、上昇志向のある人は、

「英語は話せて、当たり前やんけ!」

「英語を話せたら、スタートライン」

と、思っているでしょう。

分かりやすい例でいえば、

✖️ 優良企業から内定を貰うために、英語をマスターする。

◯ 優良企業に行く人は、そもそも上昇志向が強く、英語を話せて当たり前。もう一つ上の次元で勝負している。

だから、

もし、アナタが上昇志向があって、

・外国人と将来的に絡んでいきたい。
・自分の分野の最先端で働きたい。

って考えているなら、絶対に英語は必要になってきます。

ただし、ポイントとして、
「英語を使って何がしたいのか?」
を明確化すべきです!

というのも、

英語“だけ”を習得していたとしてもこれからの時代に重宝される人材にはならないからです。

そもそも英語の話者が増えているので、希少価値が下がっていますし、

もし英語がペラペラだったとしても、翻訳家か英語の先生にでもならない限り、絶対に生きていけません。

つまり、「自分の得意分野」×「英語」という条件下で初めて英語が役に立つ。ってことですね。

リターン②
チャンスが広がる可能性が高い。

僕らが生きる時代の流れについて知っておくと、アナタにとって英語が必要かどうか分かると思います。

オススメの本は、

『LIFE SHIFT』
〜100時代の人生戦略〜

めちゃくちゃ有名な本ですが、分厚くて読みきれない人が続出することで定評がある本ですw

要約だけでもいいので、記事を読んでこれからの人生戦略について考えてみましょう。

本の内容を要約したサイト

まぁURLの記事をさらに簡単に内容を要約すると、

人間の寿命が100歳くらいになるので、新しい分野を勉強して、就職しなおしたり、個人事業主をしたり、副業を始めたりするライフスタイルが当たり前な時代になりまっせ!

って感じです。

となると、

「英語が話せる。」という一つのスキルが、アナタの次のキャリアを広げてくれる可能性は高いかもしれませんね。

まぁ必要になったスキルをその都度勉強するほうが効率がいい。と個人的には思いますが。

リターン③
恋愛の幅が広がる。


現在、私は韓国人と交際しています。
(2017年3月末から)

これがめちゃくちゃ楽しい!!!

国が違うだけで全てが新鮮!
気持ちが通じた時の快感!

個人的には、国際恋愛は、人生が薔薇色になるほど楽しいので、恋愛を目的として勉強してもいいかなと。

別に英語だけじゃなくて、
韓国語でも、タイ語でも、中国語でも

国際恋愛したいから言語を学習する。
って僕的に素敵やんって思います。

語学もずっと早く覚えられますし、外国人の彼女をつくるのはオススメです。

リターン④
好奇心が満たせる。

実は、世界人口の約25%は、英語を話すことができます。

そして、もし仮に中国語が話せれば、世界の50%の人と会話ができます。

僕がこの驚愕の事実を知った時、

『え?、、、ってことは、今まで日本人だけと絡んできたけど、めちゃ勿体無いやん!』

と思いました。

だって、圧倒的に世間知らず。

思い返してみれば、大学の近辺の世界に染まりすぎてたなと反省会。

もっと好奇心を満たしたい人は、自分が無意識に切り取っているフレームを破壊するといいかもしれませんね。

思った以上に、世界は超広くて、知らないコトばっかりです。

と、ここまでは「英語学習という自己投資のリターン」を4つ挙げましたが、

アナタはどんな軸で勉強しますか?

まぁ何はともあれ、自分にとっての英語を勉強する理由と情熱があればいいと思います。

というのも、

なんでもいいから熱中して情熱を注げるものを見つけることが、これからの時代で重要になってくるからですね。

長いイントロになりましたが、
「俺の人生に英語が必要や!」
という方は読み進めてください。

【続きの記事】
↓↓↓
『具体的な勉強方法+推奨テキスト』などを紹介しています。

【後編】休学して効率よく苦手な英語をマスターした話

2018.01.09

【あわせて読みたい】
↓↓↓

【失敗談&成功談】休学しても留学しても人生はリセットできない。

2018.01.03

LINE@のコミュニティに参加しませんか?

LINE@コミュニティ
【好奇心のインフラ】を
運営しています

「人生おもろくしたい!」
「なんか人生物足りへん!」
「主体的に人生歩みたい!」

という悩みを解決するために高め合えるLINE@コミュニティを作っています!ご気軽にご参加ください!

・ゆずすけのなんでも相談窓口
・記事のリクエスト
・オフ会の案内
・ブログでかけない裏話も暴露

【友達登録はコチラ】
↓ ↓ ↓
友だち追加

(友達登録115人突破しました^^)
(登録しても僕は誰が登録したか分かりません。)

※LINE@はいつでもブロックできますし、悪用するコトは2万%ありません。