コンプレックスだらけの僕が黒歴史から抜け出した方法

どうも、ゆずすけです。

今日も人生を面白くするための情報をお届けしていきます。

今日のテーマは「コンプレックスから解放される方法」

「コンプレックスを消したら、本当に人生が面白くなるの?」って思う人がいると思うんですが、

『人生が大幅に好転してむちゃくちゃ面白くなる!』と僕は断言します。

僕の経験談をいえば、コンプレックスを消すだけで、

体の重りが全部取れて、楽になる。
感情から意味ない迷いが消える。
やりたくないことから解放される。
よく分からないけど、なんかモテる。

いや、ちょっと言い過ぎましたw

でも、コンプレックス自体が万病の元だとすら思っているので、サクッと解放されるべきだと思っています。

もちろんコンプレックスの負のエネルギーを使って、成果を出すのは大事です。

しかし、長期的に人生を見たら、さっさとオサラバしたほうが、圧倒的に人生が好転しますので、ぜひとも解放されてみてください。

 

それでは、僕のコンプレックス時代を暴露しつつ、「コンプレックスから解放される方法」について話していこうと思います。

優秀な兄貴を持って苦しんだ日々

それではいきなり自分語りから始めていきますねw

 

僕のコンプレックスの原因は兄貴でした。

ゆずすけの兄貴は、非常に非常に賢い人です。

IQが200を超えているんじゃないかという超人です。

 

放課後は、部活に汗を流し、家に帰るとファイナルファンタジー。

勉強する時間がないかと思いきや、テストでは全教科90点越え。

そして、見事、倍率100倍の医学部にストレート合格。(ちなみ、難易度でいえば、東大と変わらないレベル)

 

もう分かっていただけたと思いますが、シンプルに凄い兄貴でしたw

 

で、僕が未だに記憶に残っているのは、試験終わりの兄貴のセリフです。

 

「名前さえ間違ってなければ受かるかな。」

 

その時は頭の違いを知らしめられましたねw

東大レベルの受験後に言える言葉じゃないだろwって

 

ちなみに、兄貴は性格もいいです。挙句、イケメン。ほんっと漫画のキャラクターみたいな人ですねw

 

僕はといえば、帰宅部でしたから、放課後は速攻で塾に行って、カリカリと23時まで勉強。

テストは平均点を少し超えるくらい。

ゲームを一切しないで、自習室に篭ってカリカリ勉強していました。

雑に僕を形容するなら、『要領の悪い勉強オタク』って感じですw

 

そして、第一志望には落ちて、予備校で一年間の浪人。

1年間、毎日10時間の勉強を続けた結果…

残念ながら、第一志望は不合格。
滑り止めの私立へと入学しました。

 

そりゃ、こんな経験をすれば、コンプレックスの塊にもなりますw

自分が情けなくて、何者にもなれなくて、何もできない自分に絶望するしかありませんでした。

 

でも、コンプレックスをもっているのは、決して僕だけじゃないはずです。

多分、どんな方でも1つや2つはコンプレックスがあったと思います。(もしくは、現在も苦しめられている方もいるかもしれません。)

  • 自分より稼いでいるやつがいる
  • 自分よりモテているやつがいる
  • 自分より人気者のやつがいる
  • 自分より幸せそうなやつがいる
  • 自分より圧倒的に優秀なやつがいる 

などなど、周りと比較して、心がキュッと苦しめられることが沢山あるのではないかと思います。

 

実際、僕はコンプレックスの塊でしたw

だから、その気持ちは死ぬほど分かります。

 

周りにはすでに成功してるやつがいて、すっげぇ焦る気持ちがフツフツでてきたり、

目の前の事に集中しないとアカンことは分かっていても、本当に続けて目に見える成果が出るかわからないから、現実逃避をしてしまっている自分がいる。

そんなこんなで1年が過ぎて、結果的に振り返ってみれば、時間が経過しているだけで、1mmも人生が進んでいない…

あっという間におっさんになってしまいそうで、意味なく未来に怯える日々を送る。

僕もそんな時期を過ごしていました。

お金稼ぐに奮闘した大学時代

話を少し戻しましょう。

時期は、僕の大学時代へと進みます。

 

兄貴へのコンプレックスまみれの僕は、絶望しながらも、リベンジをすることを決意。

大学に入学してから、僕が考えたことはたった一つ!

『兄貴の年収を超えてやる!』

バカみたいな目標ですよねw

 

でも、その時に調べた数値を今でもハッキリ覚えています。

【30代後半の男性医師の平均年収は1,274万円 

この金額を20代でクリアすることが目標になりました。

 

つまり、『年収1000万円プレイヤーになること』が、僕の大学生時代の最大の目標となり、誰にも言えない闘志をメラメラと燃やしていたのです。

 

僕が大学時代にやったビジネスは

・中国輸入転売
・サイトアフィリエイト
・営業 

の3つになります。

 

全部、兄貴に勝つためにお金を稼ごうと必死でした。

また、「周りですでに成果を出している友達に負けたくない」の一心でビジネスをしていました。

 

その結果、『営業』で会社員の初任給を超えて、大体、月収40万は稼ぐことができたんですね。

 

最初は「やったー!」って思いました。

そりゃ自分で大金を稼いだわけですから、圧倒的に嬉しかったですw

その当時は、『このまま営業で努力すれば、年収1000万円プレイヤーになれるやん』っていう体感もあったので、兄貴に勝つのもあと一歩という感じでしたね。

でも、その時に気づいちゃったんですよ。

『あれ?俺は別にやりたいことをしていないな…』って。

 

兄貴へのリベンジばっかり考えて、勉強して、お金に執着して、別に好きでもない営業を毎日やって、

自分の人生を歩んでるつもりが、

・兄貴に勝つことができるのか?
・周りのすごいやつに勝てるかどうか?
・社会からどう見られているか?

ってことばっかりを考えていたんです。

 

その瞬間から営業への熱は、スゥーーーと冷めていきました。

 

簡単にいえば、「俺の人生、しょーーーもなっ」ですよね。

 

コンプレックスにまみれて、お金に執着して、自分自身を自分で雇って、つまらない仕事をして、

むちゃ面白くない人生やんwって!!

 

実は、就活中には同じようなことを強烈に思ってました。

『御社に入って、世の中をよくしたいです!』って自分で言ってて笑けてきましたからw

 

『(でも、ほんまはその仕事、別にやりたないんやろ?)』

そんな心の声と戦う就活時代ですw

 

はい。。。。

 

まぁそんなこんなで僕は大学時代で、
僕は1度ビジネスからも就活からも
身を引くことになりました。

休学をした本当の理由

大学4年生の春に、就活もビジネスも完璧に辞めて、僕は自由に生きることに。

 

ご存知の通り、『休学』です。

 

休学を動機のは、『働き方や生き方を考えて、自分の人生をちゃんと見つめなおして、ちゃんと自分の人生を歩みたかった。』

それだけの動機です。

 

まぁ自分探しとも捉えれれかねませんからね。周りからは相当白い目で見られましたw

 

でも、歳をとってからじゃ遅いと思うのです。20代前半で軸のある人間にならないと、その先に待っているのは惰性です。

 

だから、僕は自分の原点に立ち返って、

社会の同調圧力やら、
親の言っていることやら、
未来に対する不安やら、
お金や時間やら、

全てを排除した時に、
自分は何がしたいのか? 

死ぬほど考えてました。

 

もし、共感してくれるなら、”魂の欲求に素直に”なって、向かいたい方向を内省してみてください。

魂っていうと、なんか大げさな表現になって、若干のキモさが出てきがちになっちゃいますねw

でも、ここは割と僕がしっかり伝えたい部分です。

 

もっと噛み砕いていえば、「やりたくないことをやっていないか?」という質問にもできます。

スキル的に無理でしょ。とか、
いまはお金がないからできない。とか
親や社会が許してくれない。とか
今は時間がない。とか

外部的な要因を全て排除した時に、
自分が何がしたいか?ということです。

 

少し哲学チックになってきましたねw

 

しかし、お金を稼ぐ額に直結する部分ですし、人生を爆裂させていく上で絶対に通る道です。

ですから、一度ゆっくりと考えていただければと思います。

はい、、、

では、ぼくお得意の自分語りに戻りますw

コンプレックスから抜け出す方法

僕は”魂の欲求に素直に”なってから、コンプレックスから解放されました。

 

向かいたい方向がバシーッ!と決まって、周りから影響を受けることがなくなったんです。

 

誰かの土俵で勝負したり、凄い人たちと比べて、コンプレックスを抱きながら戦ったり、

そんなことをしなくても、やりたいことをやっていて、向かいたい方向に進むようになれば、他人と比較することもなくなります。

 

感覚的に言えば、

「周りのことは知らないぜ!」
「自分が進みたい方向はこっちだぜ!」

って自分の軸に沿って生きられます。

 

もちろん最初はすっごい怖かったです。だって、周りの人とは違うことをするので。

 

でも、その他大勢の中の一人。

One of themみたいな人になるくらいなら、こんな恐怖も屁ではありません。(といいつつ、死ぬほどビビってたw)

 

そして、向かいたい方向が決まると、自分の元にチャンスがくるようになります。

 

多分、独立した人にしか分からない感覚ですが、すっごい縁に恵まれるようになるんです。

スピリチュアル的な言葉でいえば、引き寄せの法則って感じなんでしょうけど、まぁとにかく不思議とチャンスが巡ってきます。

 

結局、何が言いたいかっていうと、

自分の向かいたい方向が決めて、
覚悟を決めて、腹をくくれば、
信じられないほど人生が好転する。

ってことです。

 

ここまできたら、コンプレックスが0になります。

 

そして、自分がイキイキと働けていると、周りから不思議がられるようになります。

「なんかお前たのしそうやなw」と。

 

実際に実家に帰った時に、兄貴から言われました。

「ゆずすけ、イキイキしてるな。なんか分かんないけど羨ましいよ。俺は安定を選んで医者になってけど、別に楽しいわけじゃないからね。」と。

 

少し抽象的な話にはなりましたが、

自分の人生を歩みだすことが
コンプレックスから解放される方法です。

 

とはいえ、机上の空論っぽいですねw

「結論がそれかい!」というツッコミも聞こえそうなもんですw

 

でも、コンプレックスから解放されると、実際に、数値として結果がでるようになります。

その証拠として、何もなかった僕ですら、ビジネスを始めて4ヶ月で550万の売り上げがでたのです。

その後も、

  • 年収3000万の情報発信者
  • 組織的にビジネスを作って年収1000万を実現してる方
  • 月300万の自動収入を作ったビジネスの天才
  • 士業の発信で自動収入を手にいれた方
  • 億のプロジェクトを裏で活躍するコピーライターの方
  • FX億トレーダーの方

などなど、まぁ出会いに恵まれました。

 

一緒に仕事するようになったり、ポーカーを夜通しでしたり、お金儲けの話をしたりw

ビジネスでの収益が伸びることはもちろんのこと。

自分のマインド面がググッと変わり、
人間として成長することができました。

 

それもこれも、自分の道をバシッ!と決めたから。

過去に引きづられることなく、自分の進みたい道を選ぶ勇気をもったからです。

 

人生における最強のレバレッジは、自分の気持ちに素直になること。

マジでこれしかないです。

 

別に僕はサラリーマン批判はしません。

自分がやりたいことをしているなら最高です。

 

ただ社会に作られたレールの中で、違和感を感じはじめたなら、それは飛び出す合図だと思います。

人生は80年ほどしかないわけですから、つまらないことをやって、小銭を稼いでいる暇なんて僕らにはない。

 

そう断言して締めくりたいと思います。

僕が就活時代に感じた違和感を上手に表現している動画

↓↓↓↓↓


僕が兄貴のコンプレックスでクソ悩んでた時期の音声記事
↓↓↓↓

【ツイッター集客の事例】『正しく使えば自然にお金が稼げるようになる』という話

2018.11.06

僕の無料メルマガではもっと濃厚な情報をお届けしています。

ゆずすけのメルマガコミュニティ

 

ーーーーーーーーーーーーーー

僕は休学を経て、自分の人生をおもろくするためにビジネスを始めました。

(ビジネスを始めて、0からの状態から4ヶ月で550万の売り上げ)

自由な働き方をして、レールからはみ出て、自由に最高の人生を歩むのは最初はかなり勇気がいります。

だって、脱線ですから笑

でも、知識と試験勉強くらいの努力があれば、自分の満足のいく理想の人生を作るのなんて簡単につくれる時代にすでになりました。

コンビニの夜勤を2年間やっても、仕事を全部覚えられなかった僕でも、ビジネスで成果が出せましたから笑

毎日の繰り返しのような鬱屈とした日常を変える方法なんていくらでもあります。

自分の気持ちに素直になって、人生をおもろくしていきませんか?

そんな人がたくさん増えたら、むちゃおもろいと思ってます。


だって、嫌いなことを辞めて、
好きなことで生きられる人が増えるんですから!

好きなことを仕事に。
そして、やりたいことを好きなだけ。

これが最高の人生です。

そして、

そんな世の中の時代の変化に違和感を持っているセンス溢れる仲間が集まるコミュニティを運営してます。

・金銭的な自由はもちろんのこと。
・おもろいことを仕事にする具体的な方法論。

を手に入れてもらうことが1つのテーマ。

こんな理念を元に、

僕がどのようなビジネスに取り組み、どうやってゼロからビジネスを作っていったのか?

 

そのプロセスを下記の記事で書きました。

好きなことで自立したゆずすけのストーリー

5分で読める僕のストーリー

2018.09.04

 

NEW

記事が面白かったらシェアボタンで広めていただけると嬉しいです!!

涙がでるほど喜びます!