【ネットビジネス詐欺7選】大学生をカモにするツイッターの勧誘の裏側を大暴露!

情弱ビジネス

 

どうも、ゆずすけです。

 

テーマは「【ネットビジネス詐欺】大学生をカモにするツイッターの勧誘の裏側を大暴露!」です。

 

あなたも一度は見たことあるかと思いますが、

ツイッターとか、
インスタとか、
出会い系アプリとか

怪しい人が多いですよね?

 

例えば、、、

ツイッターのネットビジネス詐欺 ツイッターで大学生を騙すネットビジネス

(↑こんな感じのDMがツイッターで来たことがありますか?w)

ツイッターだったら、稼いでる感じでギラギラしてるビジネスマンだったり、

インスタだったら、キラキラ投稿ばっかりしてる金持ち”風”の美人水着ギャルだったり、

出会い系のTinderやpairsだったら、アポが簡単に取れる可愛い女の子(たいてい、趣味がカフェ巡りと旅行)だったり。

 

『普通の人なら、お前怪しいだろ!』と思って敬遠したくなるような方々がネットには沢山いますよね。

 

 

とはいえね。

今や、情弱をカモにするネットビジネスもかなり進化しているので、転ばぬ先の杖として、今回の記事を読んでいただけたらと思います。

特に大学生さんは気をつけてください!

ちなみに、僕の大学生の知人は怪しい情報商材系のスクールに入会して100万円の借金していました。

 

普通の人の感覚なら、
「100万払うとかバカじゃない?」
って感じると思うんですが、

ちゃんと学んで、ちゃんと結果が出て、払った分のお金を将来的にペイできるなら僕は全然OKだと思います。

(ただし、倫理観がない。かつ下品で悪どい稼ぎ方をするのは断固として反対)

 

例えば、アフィリエイトとか、FXとか、転売とかコンテンツ販売は、世間的にまだまだ怪しいビジネスモデルだそうですね。

多分、この記事を読んでいる方も、副業が全般的に詐欺っぽく見える人も多いんじゃないかと思います。

 

でも、正しい知識がつけば怪しくみえるネットビジネスもちょっとずつ見え方が変わってきます。

 

つまり、怪しいビジネスモデルには、

・知識不足ゆえに詐欺に見えてしまう場合
・ただただシンプルに詐欺の場合

の2パターンがあるということですね。

 

あ、先ほど例にあげた知人の子は、後者の『シンプルな詐欺』っぽかったようですw

おもろいっちゃおもろいんですが、笑えないっちゃ笑えないやつですねwww

 

というわけで、今回の記事を読み切る頃には、詐欺師さんに騙されない情報強者になっていただきます!

 

あ、でも、こういう発信をしている僕も疑う視点はめっちゃ大事だと思いますw

「何言うてんねんのコイツ?w」って視点で見てみるといいです!

そこから誰にも騙されない強い思考力がつくと僕は思っています。

 

それでは、余分な話は置いといて、本題にはいるとしましょう!

 

大学生を騙すネットビジネス7選の目次

  • バイナリーオプションの勧誘
  • 仮想通貨マルチの勧誘
  • トンズラ投資家
  • エロサイト100個作って月収6800万円
  • 情報商材批判サイト
  • 裏で荒稼ぎする弁護士
  • インスタの金持ちお姉さん正体
  • プロダクトローンチ情弱ビジネスの闇
  • リアルウシジマくんを見たゆずすけ

 

さて、今回のテーマは、東大マーケッターの玉井さんとノリで音声を撮ってみました。

もともと音声にするつもりもなかったんですが、雑談が盛り上がりすぎて結構ディープなぶっちゃけトークをしております。

 

それでは音声を聞いて、怪しい詐欺に気をつけてくださいませw

 


(チャンネル登録よろしくね !!)

対談相手の玉井さんの無料メルマガはこちら

ネットビジネスを始める大学生がかかる詐欺①

シンプルな嘘

ここからは音声では体系化できなかった知識の部分をフォローアップしていきたいと思います。

 

まず、情弱をカモにするパターンの1つ目が『シンプルな嘘』です。

 

『おい、詐欺なんだから当たり前なことだろ?』って無言をツッコミをいただいたと思うんですが、巧みに嘘をついてカモを騙すパターンがあります。

でも、シンプルな嘘だったとしても、見破るのは結構難しいです。

 

なぜなら、相手は騙しのプロですから。

ある程度のことでは、嘘がバレないようにできています。

 

話は少し逸れるんですが、マジックで騙される理由を知っていますか?

 

トランプが勝手に移動していたり、人体が切断されたり、コインが瞬間移動したり、僕たちが予想もしないことが起きます。

 

では、なぜ予想もしないことが起きるのか?

 

それは、僕たちに「こうなって当たり前だから」と前提があるからです。

トランプだったら、
「山札の1枚目を取ったに違いない」

人体切断マジックだったら、
「人間は1人しかいないだろう」

コインマジックだったら、
「今、手の中にコインがあるに違いない」

という思い込みの前提があります。

 

つまり、簡単に言うと心理的な盲点が生まれる。ということですね。

 

マジックも詐欺師もやっていることは同じです。

 

心理的な盲点はどうやって作るのか?

↑これを詐欺師さんは考えているのです。

 

典型的な詐欺の手法は、信用を獲得します。

客を信用させてしまえば、盲点ができます。

 

例えば、典型的な例として、「社会的権威」が挙げられますね。

・バシッと着こなしたスーツ
・綺麗なオフィス
・キラキラした腕時計
・第三者からの羨望
・相手の年収

などでまず最高な第一印象を獲得します。

 

「おいおい!そんなんじゃ騙されねぇわw」って思うじゃないですか?

 

でも、僕たちは常に錯覚しています。

 

例えば、白衣を着た人がいたら、なんか信頼できそうですよね。

簡単に言えば、「医者だから偉い人なんだろうな。」みたいな思い込みがあるわけです。

 

ロバートチャルディーニさんが書いた影響力の武器の中では、

「お医者さんが明らかにおかしい診断結果を出しても看護婦さんが1mmも疑わない。」

というストーリーが出てきます。

 

これは、「権威がある人は判断ミスをしない」と前提があるからですね。

 

基本的に人間というのは、考えるということが大嫌いです。

「人間は、考えるという行為を避けるためならば、どんな事でもする」とエジソンが揶揄するほどです。

 

ということは、基本的に人は勝手に錯覚を起こして騙されてるんです。

この記事を読んでいるあなただけじゃなくて、僕も含めて全人類共通のことなんです。

 

だから、「俺は騙されないぜ!」って思わないことが大事。

僕なんて怪しい中国人を信じたら睡眠薬飲まされて、ぶっ倒れたことがありますからねw

「俺は大丈夫だから」って気持ちは本当に命取りですw

 

ちゃんとしたロジックで考えて事実だけを捉えてみましょう!

 

ネットビジネスを始める大学生がかかる詐欺②

期待とコンテンツのズレ

実はいい商品を扱っていても詐欺扱いされるパターンがあります。

この理由は、売るターゲット層をズレがあることが大きな問題です。

例えば、真っ当な商品を売ったとしても、意識的情弱層に商品を売ったら悲惨なことになります。

なぜなら、自分が悪いことを認めないで、商品をディスることによって自己正当化をする人が多いからですね。

 

最近の事例で言えば、イケダハヤトさんと正田さんの脱社畜サロンです。

僕の知人がサロンに入って、けんすうさんのコラムを読んで、「マジで勉強になるわ〜!」って言っていたんですが、

一方で、意識的情弱層は、「なんだよ!社畜の俺を救ってくれないのかよ!お金払ってるのにオカシイくない?」とクレームを言います。

僕からしたら、「バカなの?」としか思えないんですが、ユーザーの期待は一方的な救済だったりしますw

 

つまり、どれだけいい商品を出したとしても、ときたまターゲットではないユーザーが入ってきて、クレームがでるわけですね。

 

ちなみに、脱社畜サロンを批判するつもりは一切ないです。

むしろ、めちゃくちゃ勉強になるサロンだと思ってます!

 

最初にも書きましたが、

・知識不足ゆえに詐欺に見えてしまう場合
・ただただシンプルに詐欺の場合 

の「知識不足ゆえに詐欺に見えてしまうパターン」という例に挙げさせていただいた次第です。

 

ちょっと気を遣って書かなければならない部分かと思いますが、今回はズバッと書かせていただきましたw

 

ネットビジネスを始める大学生がかかる詐欺③

倫理観の無いビジネス

最後は法的には問題ないパターンの情弱ビジネスです。

音声の中でも結構長めに話した部分なんですが、世の中には「法的に問題なければ倫理観がなくてもOK!」という層が一定数います。

 

これは価値観の問題なので、まぁ僕が口を出す部分ではないかと思いますが、ちょっと一石を投じさせていただきますねw

 

これは例えばの話なんですが、

「あなたは借金3000万抱えている。かつ時間的にも精神的にも余裕がないトラックドライバーがお金に困っているからといって、絶対に稼げると謳った高額な商品をオファーしますか?」

 

仮に商品が真っ当なものだったとしましょう。

しかし、稼ぐためには努力も思考力も時間も必要です。

 

ビジネス経験者なら分かると思いますが、ある程度の努力量が求められます。

 

となれば、「現状、そのトラックドライバーさんには0.001%も成功する見込みが無い状態」という感じですよね。

 

普通の人なら、絶対に商品を売らないと思います。

だって、相手を不幸せにするから。

 

でも、倫理観の欠いた人は、「相手が求めるなら売るよ」というスタンスをとります。

で、もちろん法的にはOKなわけです。

だって、嘘をついているわけではないですからね。

 

でも、僕としてはやっぱりNGです。

相手の人生が好転するように、適切な人に商品を届けるのがマーケティングですし、コピーライティングだと思います。

だから、ビジネスには大事なのは倫理観。

 

仮に先ほどの借金まみれのトラックドライバーさんに高額な商品を売るなら、絶対に販売者は責任をとることです。

ただ、その人の闇と向き合う覚悟があるならOKだと思います。

 

まとめ

 

『高額=詐欺』という定義があると思うんですが、僕は違うと思います。

高額な商品だろうと価値をあって、価値を感じてくれる層に販売するなら問題ないと思っています。

 

むしろ、問題なのは安い商品の詐欺です。

最近はnoteが流行していますが、たとえ商品が100円だろうと、倫理観の欠いた商品はアウトです。

たくさんお金を稼ぎたいからといって、期待値を煽ったら、瞬間風速的は稼げたとしても長期的に稼ぐのは難しいのが現実。

 

これからは個人の時代が進んでいきます。

そんな中で本当に真っ当なビジネスができるかどうかは、あなたの倫理観次第だと思います。

 

なんとなく湿っぽい締め方になりましたねw

 

ただこの記事を通してコンテンツ販売の未来が明るくなればと思います。

それではまた別の記事であいましょう!

 

音声ではもっとぶっちゃけトークしていますw
↓↓↓↓↓↓

対談相手の玉井さんの無料メルマガはこちら

ーーーーーーーーーーーーーー

僕は休学を経て、自分の人生をおもろくするためにビジネスを始めました。

(ビジネスを始めて、0からの状態から4ヶ月で550万の売り上げ)

自由な働き方をして、レールからはみ出て、自由に最高の人生を歩むのは最初はかなり勇気がいります。

だって、脱線ですから笑

でも、知識と試験勉強くらいの努力があれば、自分の満足のいく理想の人生を作るのなんて簡単につくれる時代にすでになりました。

コンビニの夜勤を2年間やっても、仕事を全部覚えられなかった僕でも、ビジネスで成果が出せましたから笑

毎日の繰り返しのような鬱屈とした日常を変える方法なんていくらでもあります。

自分の気持ちに素直になって、人生をおもろくしていきませんか?

そんな人がたくさん増えたら、むちゃおもろいと思ってます。


だって、嫌いなことを辞めて、
好きなことで生きられる人が増えるんですから!

好きなことを仕事に。
そして、やりたいことを好きなだけ。

これが最高の人生です。

そして、

そんな世の中の時代の変化に違和感を持っているセンス溢れる仲間が集まるコミュニティを運営してます。

・金銭的な自由はもちろんのこと。
・おもろいことを仕事にする具体的な方法論。

を手に入れてもらうことが1つのテーマ。

こんな理念を元に、

僕がどのようなビジネスに取り組み、どうやってゼロからビジネスを作っていったのか?

 

そのプロセスを下記の記事で書きました。

好きなことで自立したゆずすけのストーリー

5分で読める僕のストーリー

2018.09.04

 

NEW

記事が面白かったらシェアボタンで広めていただけると嬉しいです!!

涙がでるほど喜びます!