人生が停滞しがちな時にやるべき対処法とは?

人生が停滞しがちな時にやるべき対処法

どうも、ゆずすけです。

今日はゲストスピーカーにきていただき、「人生が停滞しがちな時にやるべき対処法」というテーマで書いていこうと思います。

登場するのはイトウ氏と奥村氏

雑に紹介させていただきますと、

イトウ氏は、

・18歳からビジネスを始めて6年目
・アフィリエイト、輸入、投資、
・PPC、ベンチャーを経て、
・ビジネス一ヶ月目から月商200万
・約半年で会員制コミュニティで
約50名のコンサルティング 

といった感じでして、

奥村氏は、

・入社3ヶ月の研修期間中に退社。
・起業3ヶ月で売上1000万を出す。
・対人コンサル計300人以上指導。
・コーチング系を2年間
・現在はコンサルティングを展開。

現在はアフリカのセネガルの首都ダカールでビジネスの立ち上げ。

ビジネスとしては、

・セネガル不動産仲介
・美容系サロン
・ホームステイ
・セネガル企業インターン
・フランス語留学
・企業向けセネガル進出

などなどを進めている方です。

そんなイトウ氏がどんな休学期を過ごしたのか音声にて紹介していきますので、これから休学して起業したいと思っている方はぜひご視聴くださいませ。

それではどうぞ!

イトウ氏と奥村氏が教える無料ビジネスメルマガはこちら

ここから先の記事では、音声のダイジェストを会話形式でお届けします。

一年経っても何も変わらない人生

奥村
まぁ今回はね、「人生が停滞しがちな時にやるべき対処法」というテーマでやってきたいと思うんですが、

おもろい人生にしたいと思いつつも、一年経ってもずっと現状を維持のまま停滞している人とかいませんか?

『生活自体は安定してるから、別にこのままいったらええかな。引かれたレールの上を進んでる。』みたいな。

言い換えると、「もっと俺イケるよな?」と思いつつも、ズルズルいっちゃってる感じであります。

で、我々が言いたいのは、『それ、置きにいってない?』ってことですね。

イトウ

『置きにいく』っていうと少し分かりづらいので、

違う言い方をすると、『全然、人生せめてない。それ、安パイじゃない』ってことですね。

奥村
うん、そうやね。

俺は会社を入社3ヶ月でやめて、ナンパ講師で飯食ってた時期もあったんです。

で、周りから見たら、割と尖ってるって言われる事が多かったし、可愛い女の子と遊ぶだけでビジネスが成立してたから、「人生おもろいそうやなぁ」って思われがちだったと思います。

イトウ
世間的にいえば、ナンパ講師って意味わかんないですねw
奥村
うんw

まぁそれなりにナンパ講師として稼げていたから、別にそれを続けることもできたんだけどさ、

教えることが好きなわけでもなかったから、おもろいわけではなかっただよね。

だから、我々の言葉でいうところの『置きにいってる感じ』がしていたわけです。

イトウ
なるほどなるほど。

コンフォートゾーンの中にいるって感じですね。

奥村
そうそう。

一緒にビジネスができる仲間がおって、ワイワイ楽しくできるし、もちろんのことお金も稼げる状態が続くと、それがコンフォートゾーンになるんだよね。

イメージでいけば、
『コタツ』です。

ぬくぬくと気持ちいい空間だからこそ、コタツの外には出なくないって気持ちになりがちなもんです。

で、自己紹介で書いた通り、今はセネガルで実業をやっています。

「なぜゆえ、セネガルでビジネス?」と思われた方もいるかと思いますが、

これは、精神的なコタツから脱出して、もっと人生をおもろくしようと思ったからなんですね。

イトウ

うん、確かに油断したら置きにいって、安パイになっちゃいますから意識的に変えていく必要がありますよね。

ちょっと僕の話になるんですが、僕は大学を中退しています。

割と攻めた決断じゃないですか?

奥村
うん、結構、攻めてるなw
イトウ

で、中退する前は休学中にビジネスをしていて、収益もそれなりに上がっていたので、

多分、周りから見たら、「別に大学辞めてもいいんじゃない?」って思われるかもしれないですが、結構、ビビりましたw

奥村
流石にねw
イトウ

じゃあ、なぜ大学を辞めたかっていうと、『振り切って全力でビジネスをしたかったから』なんです。

保険をかけていると、後ろ髪が引かれるじゃないですけど、振り切ってビジネスができないと思ったんですね。

何度もいいますが、我々が言っている「置きにいってる」状態ですね。

奥村
うんうん。
イトウ
最終的には自分の足でとびこむしかない。

その緊張感はありつつも、結構大きなバンジージャンプ的な決断をしたと思います。

で、そうやって決断したら、自分が経験したいことを思い切ってできたし、今振り返ってもいい決断だったと思えます。

奥村
そうだな。

多分、この記事を読んでいるアナタも、色んな選択肢があるから悩んでいると思うんです。

就職もあるし、独立もあるし、それこそ新しい働き方的なものがいっぱい登場しているわけでから、独立するといってもたくさんありますよね。

で、悩む方なら、「どうしようかなぁ…」って考えると思うんです。

ただ状況としては、気持ちが振り切れてないから中途半端みたいな。

イトウ
うーん、僕の大学時代はまさにそんな感じでしたねw

で、岡本太郎さんの名言で、

 

『むしろ、成功は失敗の元と逆に言いたい。その方が、この人生の面白さを正確に言い当てている。』

『危険だ、という道は必ず自分の行きたい道なのだ。』

ー岡本太郎ー

 

って言葉があるんですが、まさにそういうことだと思うんです。

自分が怖いと思うものこそ飛び込む方がいいんですよね。

奥村
うん、俺もそう思うよ。
イトウ

まぁ心の中ではわかっても怖いと思う気持ちに勝つのは難しいんですけどね。

ただ怖いのは当たり前で、暗闇の道を歩けって言われたら怖いし、初めてジェットコースターに乗るときも怖いと思うんです。

でも、その怖いに打ち勝ってみると意外と平気だったりするんですけどね。

奥村
うんうん。

で、岡本太郎さんが面白いのは、『新しいチャレンジをして失敗しても別にいいよね』って言ってくれてるところ。

俺もセネガルでビジネスをしてるけど、もしアカンになっても人生的にみたら逆におもろいと思うんです。

イトウ

そうですね。

僕も大学を中退がのちのち不利に働く事があっても、人生という大きいスケールでみたら些末な問題なんだと思います。

モヤモヤをキープしてるなら、20代でやりたいことをやる方が爽やかな気分ですから。

奥村
うん、この記事を見ているアナタもバンジージャンプ的なヤツしていきましょう!

まぁ、無責任に背中を押してるだけですけどw

ただ一つお伝えしたいのは、『バンジージャンプ慣れ』っていうのがあるということです。

つまり、小さいバンジーから始めていって、最終的に大きなバンジージャンプを飛ぶってことですね。

例えば、中退より休学の方がハードルは低いじゃないですか?

だから、『いきなり中退を選ぶなら、まず休学を選ぶ』ってことになります。

イトウ

うんうん、細かいことでいえば、『毎日ラーメンを食べているところを、今日はいつも食べないカレーを食べる』みたいなことも小さいバンジージャンプですね。

で、あとはバンジージャンプ的な決断は早い方がいいです。

シンプルに機会損失をするからですね。

奥村
たしかに、バンジージャンプ台の端っこでずっと駄々こねてる間にオッサンになっちゃうしな。

それで言えば、セネガル移住はバンジージャンプ的な怖さは1mmもなかったな。

1階からとびおりるくらいな感じ。

イトウ
それ、ほぼ地上じゃないですかw
奥村
ほんまやw

でも、そのくらいハードルが低かったな。

ただ自分も最初から大きな決断に対してポジティブだったわけじゃなくて、小さいところから始めています。

だから、『小さいバンジージャンプをやっていきましょうや!』って言いたいわけです。

イトウ
セネガル移住をハードルが低いって感じるってすごいですねw
奥村
バンジー慣れやな!!!

で、まとめていきますと、

『コタツの中で人生を置きにいってないで、怖いと思う未来にこそ飛び込んで行こう!』ってことですね。

まぁ、責任とれないですがw

イトウ
無責任に背中を押すやつですねw
奥村
うん、我々はクルーエンスっていう、コミュニティをやっているんで、

そのメルマガに登録してもらったらもっと具体的な感覚が掴んでもらえると思います。

興味ある方は下のURLからメルマガコミュニティに参加して連絡くださいね。

無料メルマガコミュニティ参加はこちら

無責任に背中を押させていただきますw

イトウ
ですねw

というわけで今回は以上ということで。

ありがとうございました。

奥村
ありがとうございました。

 

〜編集後記〜

ども、ゆずすけです。

今回は、「人生が停滞しがちな時にやるべき対処法」とテーマで語ってきました。

このブログの運営をしている ゆずすけは休学経験者でして、今年は休学二年目でして、ちょっと変わった経歴をしているんじゃないかと思います。

そして、僕も「休学からの起業」という割と攻めた道を選んだ一人でございます。

だから、ちょっと大きな決断をするときの、なんとも言えない不安な気持ちがむちゃくちゃ分かります。

就職した先の未来が面白いものだとは決して思えない。

でも、具体的にどうしたらいいか分からないから、休学という選択肢を考えてみたり。

「うわぁあ、どないしたら人生が面白くなるんだろ?」と僕は頭を思い悩ませておりました。

 

でも、今回の音声でもあった通り、「怖いと思える方向こそ自分の行きたい道」という基準で判断するのがいいと僕も思います。

人生は一回きりしかありません。

だから、僕からも無責任ながら、あなたの背中を押させていただきますw

バンジーしていきましょう!

聞いていない方、ぜひ聞いていただければと思います。

イトウ氏と奥村氏が教える無料ビジネスメルマガはこちら

>>今日から使えるビジネス思考の記事一覧

ーーーーーーーーーーーーーー

僕は休学を経て、自分の人生をおもろくするためにビジネスを始めました。

(ビジネスを始めて、0からの状態から4ヶ月で550万の売り上げ)

自由な働き方をして、レールからはみ出て、自由に最高の人生を歩むのは最初はかなり勇気がいります。

だって、脱線ですから笑

でも、知識と試験勉強くらいの努力があれば、自分の満足のいく理想の人生を作るのなんて簡単につくれる時代にすでになりました。

コンビニの夜勤を2年間やっても、仕事を全部覚えられなかった僕でも、ビジネスで成果が出せましたから笑

毎日の繰り返しのような鬱屈とした日常を変える方法なんていくらでもあります。

自分の気持ちに素直になって、人生をおもろくしていきませんか?

そんな人がたくさん増えたら、むちゃおもろいと思ってます。


だって、嫌いなことを辞めて、
好きなことで生きられる人が増えるんですから!

好きなことを仕事に。
そして、やりたいことを好きなだけ。

これが最高の人生です。

そして、

そんな世の中の時代の変化に違和感を持っているセンス溢れる仲間が集まるコミュニティを運営してます。

・金銭的な自由はもちろんのこと。
・おもろいことを仕事にする具体的な方法論。

を手に入れてもらうことが1つのテーマ。

こんな理念を元に、

僕がどのようなビジネスに取り組み、どうやってゼロからビジネスを作っていったのか?

 

そのプロセスを下記の記事で書きました。

好きなことで自立したゆずすけのストーリー

5分で読める僕のストーリー

2018.09.04

 

NEW

記事が面白かったらシェアボタンで広めていただけると嬉しいです!!

涙がでるほど喜びます!