【休学起業】後悔を残さない大学生活の過ごし方

 

どうも、ゆずすけです。

 

今回のテーマは、「学生起業〜大学一回生に戻った時に過去の自分に言いたいこと〜」です。

 

僕は休学して自分でビジネスを始めて2年目に入りました。

 

で、やっぱり過去の自分に言ってあげたいことがあるんですよねw

「あの時にこうしたらもっとよかったよ!」という思いがどうしてもあるんです。

 

自分で何かやりたいけど、どうしていいか分かっていなかった19歳の自分に届いてほしいメッセージを熱を込めて話ましたので、同じお悩みを持っている方はぜひ聞いてみてください。

あ、もちろん学生限定ってことではなくて、社会人になってからも、「なんかちゃうなぁ〜」と違和感を持っている方もオススメです!

 

音声は、僕のブログではお馴染みとなりました玉井さんと一緒に録りました。

 

ちなみに、玉井さんは起業してから7年目。

まぁ音声を聞いて貰えば一瞬に分かると思いますが、めちゃくちゃ抽象度が高くて頭のいい方です。

もっと成長したいぜ!と思っている方はぜひ聞いてみてください!

やたらと意識が高くなりますよw

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

対談相手の玉井さんの無料メルマガはこちら

学生起業で後悔しないために…

ゆずすけ
僕たちは学生起業してる組だと思うんですが、「もっとこうした方がよかった」みたいなことはありますか?
玉井さん
俺だったら、「大学入学時に起業しろ!」って言うね。単純に3年間早くなるぞって思うからさ。
ゆずすけ
それって起業が早ければいいって意味ですか?
玉井さん
まぁ、大学三年間はちゃらんぽらんだったから、その期間が単純にもったいなかったと思う。
ゆずすけ
なるほど!他にするべきことってありますか?
玉井さん
とにかく勉強しろ!で、ふっと降りてきたビジネスをやれ!ってことだね。
ゆずすけ
あ〜それは僕も同じ意見です。

でも、僕の場合は大学1年生からゴリゴリビジネスをしなくてもいいと思います。

ただただ、必死になれることをやっておけ!って思います。

スポーツを頑張っていた人がスモールビジネスを始めると結果が出るのが早いっていうのが僕の感覚なんですが、それって、スポーツで培われた経験値が生かされるからだと思うんです。

スポーツにおける重要なポイントも、ビジネスにおける重要なポイントも遜色なくて、抽象化したらだいたい同じことですから。

だから、やってみたいことを軸に学んだらいいと思うんです。

統計がやりたいならやったらいいし、海外に行きたかったら行ったらいいし、ヒッチハイクに挑戦したいなら、やったらいい。

ルール無用でなにやってもいいと思うんです。

ただ勉強せねばならないマインドでやらないのがポイントになります。

やらされている勉強ほど意味がないものはありませんからねw

勉強の重要性に気がつこう!

玉井さん
あーでもさ、大学一回生の俺は勉強をする重要性が分かってなかったな。

だから、学生の自分に勉強する気になってもらうようなメッセージを送りたい。

で、過去の自分だから強めに言うけど「お前は学識も教養もないクズ」って攻めるよねw

「お前はクソだ!」って思わせる。

それを思い知らせたいw

そうしたら悔しくて絶対やるでしょ!って思うからw

 

ゆずすけ
wwwww
玉井さん

東大王で有名な伊澤くんがイイことを言っていて、「勉強って必要ですか?」って質問に対して

勉強をしないと自分に何を必要なのかわからない。例えば、数学で生活してる人や数学を使って世の中に貢献してる人がいるんだけど、

もし数学を勉強しなかったら、自分がその仕事につきたいのかもわからない。

だから結果的に、勉強しないだけで死ぬほど選択肢を狭めることになっている。

って答えてたんだよね。

 

俺の場合、大学生時代に「ビジネスするために何したらいいんやろ?」って考えてたから、ビジネス以外のことにはあんまり興味がなかった。

例えば、政治、教養、新聞のニュースとか自分に関係ないと思ってたから、『どっかの国の要人がこんな発言してました。』ってニュースがやっていても、ぶっちゃけ興味がなかった。

 

でも、それって伊澤くんが言うように抽象度が低い状態やねん。

 

『いやいや、世界的なニュースだろうと、自分の生活に影響しないやん。』って思うかもしれないんだけど、まぁ影響を受けないのはお前がしょぼいだけやん。っていうねw

お前が影響を受けない場所にいるから関係がないように思えるだけだよね。って話で。

もっと世界は広いし、そういうことに対して影響を受けるくらい大きいことした方がおもろいやん。

もっとおもろいことがあるのに、関係ないって理由だけで選択肢を無意識に狭めてるよね。

ゆずすけ

なるほどですね。

でも、現実問題、18歳とか19歳の僕は低い視点でしか見れないと思うんです。

大学生の自分だったら、今のアドバイスに対しても、「うるさいわ!」って一蹴するでしょうねw

玉井さん
俺もそうやっていうと思うw
ゆずすけ

だから、僕がオススメするのは、『臨場感と優先順位』の二つを意識することです。

例えば、政治系のトピックに興味を持つには、少額でもいいから株式投資してみるとかですね。

あとは、メルカリで不用品を売ってみるとか。一回自分で商品を売ってみると、世間をみる時に、「どうやって物が売れていくんだろう?」って視点で物事をみることができます。

つまり、自分の感覚の臨場感が湧くように、興味が湧くようなことから小さいステップをこなす。

そういうやって世の中の大きな流れと接点を自分から積極的に持ちにいくんです!

環境を変えていこう!

玉井さん
そうだね。あとは、『バイトやめるとかね。』そういう制約を自分に課していけば、自ずからお金を稼がないとならない状況に追い込まれるからオススメw
ゆずすけ

ですね!バイトを辞めるのは荒療治的に見えますが、別に死ぬことはないのでオススメです。

で、『バイトを辞める』っていうのは自分に制約をつけて、優先順位を変える方法ですね。

多分、普通に生きていたら自分でビジネスをする必要性がないので、優先順位が下がっちゃうんですね。

女の子と遊びたい。とか、サークルで遊びたい。とか、単位を取らなきゃ!とか。

で、そうやって色んなことのバランスを取ってるつもりだけど、何一つ形になってないみたいなw

だから、目的意識を作ったら、マルチタスクをしない。シングルタスクをする。

もっといえば、マルチタスクができない環境に変えてしまうのが一番手っ取り早いと思います。

『視野が狭くなって、思考停止になっちゃうよね?』というご指摘もあると思いますけど、広い情報量から取っていって、そのあとに絞って優先順位が1位のものからやれば、それほど視野が狭くなることはありません。

むしろ、1つの分野に対して知識や実践レベルの深さがない方がよっぽど問題かと。

やらない理由を潰していこう!

玉井さん
うん、俺はゼロタスカーだったよwシングルですらなかったからw

まぁでも、大学生だったら俺みたいにちゃらんぽらんな人はかなり多いと思う。

それは、『大学』っていう場に問題があるからだよね。

簡単にいうと、周りが普通だから、自分も染まってしまうみたいな感じ。

まぁ、身の回りに面白い人がいないと、ソッチの世界への臨場感を高めることは難しいからさ。

ゆずすけ

そうですね。実際はところ、僕がコッチの世界の人と絡み出して思ったんですが、誰でも普通にいけるやん!って思うんですよね。

玉井さん

うん。「起業って難しそうだし、資金が必要そうだし…まぁ準備するか…」みたいに普通は思っちゃうからね。

でも、実際は、準備なんかしなくても、もう今すぐやればいいんですよ!

「でも…」って考えるかもしれないけど、『それはセルフイメージが低いだけやで!!』って昔のクソだった自分に言いたいもんw

ゆずすけ

うんうん、でも、ビジネスやりだしたら、『起業が難しい。』っていう認識は勝手に外れていきます。

 

この事例だったら、アドラー心理学で『目的論と原因論』の話がぴったりだと思います。

『なんかやりたいけど、今は難しそうだ』という理由をあげている人は、『自分の経験不足だったり、知識不足だったり、環境的に不利だから起業なんて無理だぁ』って思いがちなんですけど、実際は、それは原因じゃないんです。

アドラー的に言わせれば、『失敗したら周りに嫌われそう。両親から見放されてしまいそう。惨めになりたくない。』という目的を達成するために言い訳を作って行動しないように自分をブレーキしてるだけです。

つまり、原因は過去の経験からくるものじゃなくて、「行動したくない」という目的を達成するためにやっている行動なんですよ。

玉井さん
うん、過去のゆずすけみたいに悩んでいる人は、「苫米地英人、宇宙を語る」を読んだ方がいいね!
ゆずすけ
最近、その本書いましたw
玉井さん
そうなんだw その本に書いてある内容なんだけど、時間軸のパラダイムを変えることができたら、結構いいと思うね。
ゆずすけ

僕も同意見でございます!

さて、まとめに入りましょうか!

「学生起業〜大学一回生に戻った時に過去の自分に言いたいこと〜」というテーマでしたが、雑に言えば、よく学んで、よく経験しよう!って感じですかね。

あ、ありきたりだw

玉井さん
まとまったようでまとまってないw
ゆずすけ

まぁ以上でw

玉井さん
はいwありがとうございました
ゆずすけ
ありがとうございました。

対談相手の玉井さんの無料メルマガはこちら

ーーーーーーーーーーーーーー

僕は休学を経て、自分の人生をおもろくするためにビジネスを始めました。

(ビジネスを始めて、0からの状態から4ヶ月で550万の売り上げ)

自由な働き方をして、レールからはみ出て、自由に最高の人生を歩むのは最初はかなり勇気がいります。

だって、脱線ですから笑

でも、知識と試験勉強くらいの努力があれば、自分の満足のいく理想の人生を作るのなんて簡単につくれる時代にすでになりました。

コンビニの夜勤を2年間やっても、仕事を全部覚えられなかった僕でも、ビジネスで成果が出せましたから笑

毎日の繰り返しのような鬱屈とした日常を変える方法なんていくらでもあります。

自分の気持ちに素直になって、人生をおもろくしていきませんか?

そんな人がたくさん増えたら、むちゃおもろいと思ってます。


だって、嫌いなことを辞めて、
好きなことで生きられる人が増えるんですから!

好きなことを仕事に。
そして、やりたいことを好きなだけ。

これが最高の人生です。

そして、

そんな世の中の時代の変化に違和感を持っているセンス溢れる仲間が集まるコミュニティを運営してます。

・金銭的な自由はもちろんのこと。
・おもろいことを仕事にする具体的な方法論。

を手に入れてもらうことが1つのテーマ。

こんな理念を元に、

僕がどのようなビジネスに取り組み、どうやってゼロからビジネスを作っていったのか?

 

そのプロセスを下記の記事で書きました。

好きなことで自立したゆずすけのストーリー

5分で読める僕のストーリー

2018.09.04

 

NEW

記事が面白かったらシェアボタンで広めていただけると嬉しいです!!

涙がでるほど喜びます!