【第二部】Twitterで情報発信したら人生変わったw

【第一部のおさらい】

【第一部】受信フェーズ
Twitterで情報受信したら人生変わったw

の記事では、

ツイッターを味方にして人生を変えていく方法について書きました。

今回の記事は、第一部の記事の続編になるので、ご覧になってない方は、先にお読みください

↓↓前編↓↓

【第一部】Twitterで情報受信したら人生変わったw

2017.12.16

『最近、オモんないな〜。もっとオモロイ世界と繋がっていきたい!』と思ってる人は、一つのロールモデルになったらええなと思って書きましたので、

人生おもろくしたいと思っている人は是非お読みください。

内容は以下の通りです。

・初めての発信の仕方
・まず相手を知る重要性
・カルピスの原液を作る

・情報発信者の不都合な真実
・Twitterで起きたフシギな出来事

それでは、第二部の本編に進んでいきます。

最初は、僕が初めてした情報発信についてです。

第二部 発信フェーズ

適当に旅の発信始めました

僕はバックパッカーで3ヶ月間、
海外をブラブラしていました。

せっかくいいネタだったので、
旅の経験をツイッターで発信。

・日刊マガジン
・日刊ライフコスト
・無料note
・日々の気づき

などです。

そうすると、

「ゆずさんのファンになりました!」
「タイで合流しましょう!」
「ゆずすけさんを応援してます!」

とDMを貰えるように、、、

小さい現象ですが、
松田大夢さんと同じ構図です。

・世界観を提示する。
・共感者が現れる。
・応援してもらう。

これが発信初期の小さな成功体験でした。

まとめ

行動して自分の世界観を発信すると
ファンが集まるようになる。

Twitterで人に会いまくる。

情報発信をする時に
僕が興味があったコト。

それは、
『共感してくれる人は、
一体どんな人なのか?』

ということです。

日本に帰国してから、
梅田のカフェで話したり、電話で話したり、東京遠征をして約30人と話しました。

中には沖縄からわざわざ会いに来てくれる方も。

僕が人に会いまくった理由は、
大きく分けて2つあります。

まず一つ目に
『相手を知りたかった』

・どんなコトで悩む人が多いのか?
・どんな未来に共感してるのか?
・どこでつまづいているのか?

ビジネス用語にすると、
途端にいやらしくなので嫌ですが、

・ペルソナ
・ターゲティング

みたいな感じですね。

もう少し抽象的な言い方をすると、
『相手の脳内状態を把握する。』

例えば、

相手の脳内上の言葉を考えてみます。

では、『クリア』と聞いた時、
あなたは何を想像しますか?

一度、考えてみてください。

多分、以下の3つのうちのどれかだと思います。

【クリア】の言葉の捉え方

⒈「達成」の意味
ex、ゲームクリアした。

⒉「明確」の意味
ex、考え方がクリアになった。

⒊「透明」の意味
ex、クリアケースを買った。

みたいな感じですね。

このように、

『クリア』という言葉1つをとっても、人によってかなり誤差があります。

言葉1つでも、これほど誤差があるので、

・その人の悩み
・目指したい未来
・つまづきポイント

などの

広い範囲の脳内状態を想像するのは、
めちゃくちゃ難しい。。。

というのは感覚的に分かると思います。

だから、

もし、情報を相手に届けたかったら、
実際のフォローしてくれている方と
一対一で話していく必要性があるってことです。

二つ目の理由は、
『発信の情報を凝縮する必要があるから。』

イメージとしては、
パソコンのzipファイルと似てますね。

ギュッと圧縮した情報を作って、
日常の具体例を付け加えて発信。

『発信のコンセプトを作る』
『発信の軸を作る』

みたいなイメージです。

これは、

『相手を知る』ではなく、
『自分を知る』ということです。

ここを語り始めると
めちゃくちゃ長くなるので、

簡単にいえば

相手に話しまくって、
自分の中にあるものを
1つにまとめていく。

みたいな感じだと
思っていてください。

ちなみに僕の発信の軸は、

・人生を切り開く覚悟を持つ
・魂の欲求を知る。
・生き方と働き方の一致

です。

僕の発信の軸がよくわかるストーリー
↓ ↓ ↓ ↓

5分で読めるボクのストーリー

2017.12.04

まとめ

『まず相手を知る。』
『次に自分を知る。』

ブログで発信スタート

『自分を知る』

このフェーズを超えると、

発信内容の質が上がり、
発信内容の量も増えます。

感覚的にいうと、

ギューッと凝縮したものを
パーーッと拡散する感じです。

ちょっと分かりづらいのですねw

それでは、
『カルピスの原液』
イメージしてみてください。

これです!
↓ ↓ ↓

カルピスの原液は、ドロっとしてます。

当たり前ですが、原液のままだと、”濃”すぎて飲めません。

だから、普通は”薄め”ますよね

これが

ギューッと凝縮したものを
パーーッと拡散する

という感覚です。

抽象的な凝縮した情報を、
具体的に情報として拡散していく。

ということですね。

『さっきからイメージばっかりで、
ほとんど意味不明な内容じゃん!』

と思う方もいると思いますので、
”反例”を挙げてみましょう。

じゃあ、逆にカルピスの原液を作っていない場合はどうなるのか?

例えば、

『とりあえずブログ始めました!』
みたいな人がいると思いますが、

『内容がペラペラすぎて読む気が失せる。』みたいなことありませんか?

その理由は、

薄いカルピスを
さらーに薄めているからです。

(ブログを継続することで、読者さんから感想をもらって記事内容が濃くなっていくので、いきなりブログを書くコトを批判しているわけではありません。

メディアは自然と切り替わる

原液カルピスを作ると、
140字だと収まらなくなります。

原液のカルピスのままだと、
濃すぎて飲めないように

伝えたいことをツイートしても
誰も理解してくれない(泣)

という現象が起きます。

この状態になると、140文字だけだと、
伝えきるコトが出来なくなります。

伝えたいのに伝えられない。

だから、ブログが必要になってきます。

まぁブログは原液カルピスを
理解して(飲んで)もらえるまで
具体的な(薄くした)内容になる。

だから、僕の場合

Twitterの140文字から始まり、

LINE@で最大1500文字になり、

個人ブログで無限大まで
情報発信できる場を拡張しました。

まとめ

・凝縮した情報を拡散する。
・メディアは自然と拡張される。

世界観を提示する生き方

ここまでの流れをおさらいすると、

受信者からスタートして、
発信者になったと流れですが、

僕がツイッターを始めて、
行き着いた結論は、

『情報発信は無敵』
だということです。

その理由を

まず1つ目は、
『プラスもマイナスの出来事も
おもしろいコンテンツになる』

僕は帰国後、家なし金なし仕事なしでしたが、

家に泊めてくれる人が現れて、『居候』という肩書きが手に入ったし、

別にホームレスでも面白いコンテンツになります。
(冬はしんどいので嫌ですがw)

二つ目の理由は、
『世界観に共感してくれる仲間ができる』

バックパッカーの時期に
情報発信をしていたおかげで、
居候させてくれる人が現れました。

また、自分と同じ方向を向いた人を
沢山集めるコトができれば、
これ自体がビジネスになります。

この仕組みは、

『ディズニー』
という世界観に共感してくれる人を
集めてビジネスを構築する。

これと全く同じことで、

『好奇心のインフラ』
という理想世界に共感してくれる人を
集めるコトがビジネスになってまう。

理想の世界を提示して、
その実現を手伝ってもらう。

実際にこういう仲間が何人か集まり始めています。

3つ目の理由は、
『自分の好奇心を満たすことが価値提供になる』

これは、僕のケースですが、
『好奇心』が生きる原動力です。

人から学び
書籍から学び

自分の好奇心を満たしながら、
情報発信で価値提供をする。

生き方と働き方を
情報発信で一致させる。

これが、ツイッターを
9ヶ月間続けた結論です。

あとがき

僕はツイッターを通じて、
『情報発信』というところに
最終的に行き着きましたが、

ツイッター自体を

・娯楽に使っても
・情報収集に使っても
・コミュニケーションに使っても

まったく問題ないと思います。

しかし、
『あぁ情報発信ええやん』
って思う方がいらっしゃれば

ガツガツ発信して、
自分の理想とする世界を
作っていくのはオモロイよ!

とお伝えしたかったです。

LINE@コミュニティに参加しませんか?

LINE@コミュニティ
【好奇心のインフラ】を
運営しています

「人生おもろくしたい!」
「なんか人生物足りへん!」
「主体的に人生歩みたい!」

という悩みを解決するために高め合えるLINE@コミュニティを作っています!ご気軽にご参加ください!

・ゆずすけのなんでも相談窓口
・記事のリクエスト
・オフ会の案内
・ブログでかけない裏話も暴露

【友達登録はコチラ】
↓ ↓ ↓
友だち追加

(友達登録115人突破しました^^)
(登録しても僕は誰が登録したか分かりません。)

※LINE@はいつでもブロックできますし、悪用するコトは2万%ありません。